東京都八王子市 清智会記念病院ロゴ東京都八王子市 医療社団法人清智会 清智会記念病院
2次救急指定
病院 保険医療機関
清智会記念病院

内視鏡検査

当院では上部・下部消化管内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)や、気管支鏡の検査を行っております。また必要に応じて、ポリペクトミーなどの内視鏡的処置も行っています。

安全で、苦痛の少ない内視鏡検査を目指しております。

検査をご希望の方は、外来を受診ください。
(内視鏡検査前に感染症の検査、内視鏡検査についての説明、診察などを行いますので、急を要する場合を除き、事前の外来受診が必要となります。)

苦痛のない内視鏡検査を目指して

胃カメラや大腸内視鏡というと、どうしてもつらい検査を想像してしまいますが、当院では、検査を受けられる方のご希望によっては、適切な鎮静薬または鎮痛薬を用いることで、苦痛の少ない内視鏡検査を行っています。

鎮静剤って何?

 鎮静剤は、意識の状態をぼーっとさせることによって、苦痛を減らすお薬です。使用量によって、ちょっとぼーっとする程度から、ほとんど寝てしまうような状態まで調節することができます。
 鎮痛薬は、大腸内視鏡時の痛みを軽減したり、胃内視鏡の時の喉の違和感を減らすことができます。
 よく麻酔と勘違いされますが、いずれも麻酔薬ではありません。

鎮静剤の危険性について

 鎮静薬・鎮痛薬を使用することで楽に検査を受けられますが、効果には個人差があり時に呼吸抑制などの副作用が出現することがあります。

 当院では、副作用対策として、呼吸状態や血圧などを測定しながら、注意深く状態を観察しながら検査を行っています。検査後は、薬物の効果がほとんど無くなるまで、ベッドで休んでいただきます。なお当日は車の運転などは事故防止のため控えていただきます。

微細で見落としのない検査を!

見落としの無い微細な観察のために、OLYMPUS社製のハイビジョン内視鏡システム(LUCERA)を導入しています。
担当する医師も日本消化器内視鏡学会認定専門医を中心に検査を行っています。

胃ろう造設(PEG)やっています

胃ろうとは、お腹から胃に直接栄養をいれるチューブを入れることです。
脳卒中後で食事が自分でとれない場合や、神経や筋肉の障害でうまく食事を飲み込めない場合、食事をとると誤嚥性肺炎を繰り返す場合など、口から十分に栄養がとれない場合に、胃ろうから必要な栄養を入れることができます。
内視鏡を用いて造設することができ、患者さんの苦痛や、介護者の負担の少ない長期栄養法のひとつです。

医療法人社団清智会 清智会記念病院

東京都 八王子市 子安町3-24-15
電話 042-624-5111 (代)
http://www.seichikai.com/
info@seichikai.com